HOME ブログ アプリケーション ビジネスツール マインドマップとは?おすすめ2大ツールと実用的な使い方を紹介

マインドマップとは?おすすめ2大ツールと実用的な使い方を紹介

business-tools business-tools

MindMap

マインドマップってご存知でしょうか?かなり便利なマインドマップですが、その実用的な使い方について紹介していきたいと思います。

今回は、ウェブ制作、ビジネスといった視点からマインドマップの使い方を見ていきますが、もちろんそれら以外にも普段の生活でもかなり使えます。

マインドマップって?

そもそもマインドマップってなに?という人は、まずはマインドマップがどういうものかを知りましょう。

マインドマップとは、頭の中の思考をツリー形式で可視化していく方法になります。

連想を続けていき、頭の中を見える化させていくのがマインドマップです。

ビジネスアイディアの連想、目標を達成するために必要なことなど、頭の中を可視化するために使います。

マインドマップは紙ではなくツールを使おう

マインドマップはもともと紙を使った思考プロセスを反映するノート方でした。

でも実際には紙で書いていくことは難しいですよね。

マインドマップは柔軟性があり、気軽にスピーディーに書いていくというのが大切です。当然ですがツールを使いましょう。

おすすめのマインドマップツールについては下部で紹介しています。

ビジネスでのマインドマップ使用例

  • KPIの設定に使用
  • 会議・プレゼンでの討議で使用
  • メモとして便利
  • マニュアル作りに使用
  • ビジネスアイディアの連想と発想

KPI設定にマインドマップは必須

KPIについては以下をご覧ください。

KPI、KGI、KSFの違いとは?OKRとは?目標達成の設定方法
KPI、KGI、KSFの違いとは?OKRとは?目標達成の設定方法
ビジネスでは必ず使う言葉に、KPIやKGIといった言葉がありますよね。その意味についてちゃんと理解することで適切な目標設 ...

KPIを設定するためにもマインドマップで細部まで思考を細分化し可視化するというのはとても有効な方法となります。

メモとして便利

マインドマップはメモとしての利用が便利です。

たとえば、クライアントとの打ち合わせ時に、あらかじめ議題となるマインドマップを作っておき、それらについて確認していきます。

通常のメモでは、どうしてもただの箇条書きとなってしまう場合が多く、後で見た時に、なんのメモだったか分からなくなってしまうこともあります。

そういった時にはマインドマップがおすすめです。

マインドマップはなれるとショートカットなどでかなりスピーディーに使えます。

マインドマップを利用することで、

  • 確認漏れが起きにくい
  • 最初は気づかなかった新たな課題に事前に気づくことができる
  • 議事録が明確に残せる

といったメリットがあります。

Web制作でのマインドマップの使い方

Web制作での実用的なマインドマップの使い方について見ていきましょう。

サイトマップにマインドマップを使う

サイトマップの作成にマインドマップを使うことはおすすめです。

サイトマップ例マインドマップ

クライアントへの提出資料の場合はマインドマップを使用しない場合もありますが、アイデア出しの時などには積極的に使うことがおすすめです。

Webサイトはディレクトリ構成によって階層が何層にもなります。その場合、柔軟に増やしたり、減らしたり、編集できるマインドマップは重宝します。

ツールにもよりますが、それぞれのノードにメモができたり、進捗状況のチェックをつけることもできます。

サーバー構成の可視化についてマインドマップを使う

サーバー構成やネットワークの可視化についてもマインドマップは使えます。

簡単なネットワーク構成図の作成の場合、マインドマップであればすぐ作ることができます。ただし、ちゃんとした装飾を行いたい場合などは、別のツールを使うことをおすすめします。マインドマップはあくまで手軽に簡単にスピーディーに思考を可視化できることに意味があります。

思考段階ではマインドマップを使い、クライアントへの提出資料は別のツールを使って作り込む、などになると思います。

ガントチャートを使う

ツールによってはガントチャート機能があるものがあります。タスクの進行状況などをマインドマップを通じて管理したい方におすすめです。

おすすめの2大マインドマップツールの紹介

あくまで編集部おすすめのツールの紹介です。2つ紹介するのはOS別でのおすすめがあるからです。

Windowsユーザーなら「XMind」がおすすめ!

xmind8

XMind

おそらく一番有名なツールではないでしょうか。とにかく高機能ならXMindです。Windowsユーザーと書いていますが、Mac版もあります。XMind Proは有料ですが、使用できる機能がとても多いです。

Macユーザーなら「MindNode」がおすすめ!

MindNode

MindNode

Macアプリダウンロード

公式サイトは英語ですが、もちろんアプリは日本語で使えます。MacユーザーならMindNodeをおすすめする理由がいくつかあります。

  • シンプルで分かりやすく使いやすいUI
  • 軽量で動作がサクサク
  • テーマによるデザイン変更が簡単

筆者はMacを使っているのでMindNodeを主に使っています。
XMindも使用したことがありますが、分かりやすく直感的にスピーディーに使用できるのはMindNodeかと思いました。

どちらもスマホアプリもある

上記ツールはどちらもスマホ版アプリがあります。もちろんファイルも同期できるので、PC・スマホ両方でマインドマップを同期させることができます。

マインドマップツールを選ぶ際のポイント

マインドマップツールを使用する際のポイントは人それぞれかもしれませんが、おそらくマインドマップの意義としてもっとも大切なのが、

  • 簡単かつ手軽
  • スピーディー
  • シンプルな思考の可視化

だと思います。

たくさん機能があっても使いこなせず、かつ、初心者の人はマインドマップを使うことに挫折してしまう人もいます。実際には豊富な機能があっても、それらの機能は別の専用ツールを使うこともあります。

マインドマップはあくまで簡単かつ手軽に思考を可視化できることに意味があると思います。

いきなりたくさんの機能に手を出してしまうと使うのが億劫になり、挫折してしまいます。まずは手軽に気楽に使うことを意識しましょう。

有料でも使いやすいマインドマップツールを使うようにしよう

マインドマップツールはたくさんのものがありますが、それぞれで機能が異なります。

実際に自分で使ってみて、どのマインドマップツールが使いやすいか等を考えてマインドマップツールを選びましょう。

1つのツールしか使ったことがないと、他のツールのメリットや、使っているツールのデメリットに気づくことができません。

本当に良いツールなどは、費用がかかる場合があります。ですが、マインドマップは使い出すと手放せなくなるツールなので、費用を払って使うメリットは十分あります。

ぜひ自分にあったマインドマップツールを探してみてください。

SHARE !

TAG