HOME ブログ Webマーケティング マーケティング手法 プロスペクト・サスペクト・リードの違いは?|マーケティング用語

プロスペクト・サスペクト・リードの違いは?|マーケティング用語

technique technique

プロスペクト、サスペクト、リードという言葉をご存じでしょうか?

プロスペクト、サスペクト、リード、どれもマーケティングで使われる言葉になりますが、それぞれの言葉の意味や違いについてしっかりと理解できているでしょうか。

今回はそんなプロスペクト、サスペクト、リードとは?について見ていきたいと思います。

プロスペクト(Prospect)とは

プロスペクトとは、マーケティングで使われる言葉で「見込み客」の意味があります。

プロスペクトとリードの意味の違い

プロスペクトと同じ意味でよく使われる言葉に「リード」というものがあります。

どちらも意味的には「見込み客」となり、どのような違いや使い分けがされるのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

英語的な意味合いでも両者にほとんど違いはありませんが、厳密に分類すると以下のような分けられる場合がに多いです。

リード(Lead)⇒将来顧客になり得るだろう人広い範囲で見た見込み客全般

プロスペクト(Prospect)⇒まだ顧客にはなっていないが、顧客になる見込みが高い見込み客

顧客にとっても、その興味の度合いでどれほど深い見込み客なのかが変わってきます。

リードは広い範囲で言う見込み客、プロスペクトはリードより顧客になる見込みの高い見込み客のことを指す場合が多いです。

サスペクト(Suspect)とは

サスペクトとは、「潜在顧客」のことを指し、まだ商品やサービスを購入するか分からない潜在的なニーズを持ったユーザーのことを言います。

プロスペクトリードは見込み客(購入感度の高い顧客)であるのに対し、サスペクトはまだ見込み客とは言えない、潜在的に顧客になり得るだろうユーザーのことを言います。

プロスペクトとサスペクトの違い

解説してきた通りではありますが、少しイメージがしづらいかもしれません。

具体的な例で見てみましょう。

プロスペクト・リード⇒リストを所有している顧客&すでに訪問・商談を行っている顧客

サスペクト⇒リストもなく商談も行っていない消費者

といったようなイメージになります。

リードは、営業を行えるような情報を取得していてメルマガなどでアプローチをしている顧客です。プロスペクトはさらにそこから商談などを行ったり顧客からのアクションがあった場合など、より成約の可能性が高い顧客になります。

サスペクトはそれらに該当しない、潜在的に顧客になるニーズを持った消費者のことを言います。

よければご参考にしてみてください。

SHARE !

TAG