HOME ブログ Webマーケティング フレームワーク ビジネスモデルキャンバス:BMCとは?事例解説|テンプレート配付

ビジネスモデルキャンバス:BMCとは?事例解説|テンプレート配付

framework framework

ビジネスモデルキャンバスとは?テンプレート配布中

ビジネスモデルキャンバスをご存じでしょうか。昨今ではビジネスについて自社の立ち位置を明確にし、差別化を行っていくスモールビジネスが中小企業で主流となっています。

それらビジネスの流れを明確にするためのフレームワークとしてビジネスモデルキャンバス(BMC)というものがあります。今回はそんなビジネスモデルキャンバス(BMC)とは何か? についてその意味や事例について見ていきたいと思います。

無料テンプレートも配付しているのでよければ利用してください。

ビジネスモデルキャンバスとは?

ビジネスモデルキャンバス(BMC:Business Model Canvas)とは、ビジネスで重要な9 つの要素を視覚的に分類し、ビジネスモデルの作成・把握をするためのフレームワークになります。

ビジネスモデルキャンバス

ビジネスモデルキャンバスは、既存事業の分析・改善点の把握や、新規事業の検討に役立ちます。また、クライアントの問題解決のサポートにも役立ちます。

ビジネスモデルキャンバス(BMC)テンプレート

説明に使用しているビジネスモデルキャンバスのテンプレートは以下から取得できます。

ビジネスモデルキャンバス

ビジネスモデルキャンバス:ダウンロード

ビジネスモデルキャンバス(BMC)テンプレート / JAJAAAN

Googleスライド形式です。PowerPoint形式、PDF形式でのダウンロード方法、ファイル変換方法については以下ごご参考ください。

Googleスライド⇔パワーポイント 形式を変換する方法
Googleスライド⇔パワーポイント 形式を変換する方法
Googleスライドはマイクロソフト Officeのパワーポイント(PowerPoint)形式に簡単に変換することができ ...

ビジネスモデルキャンバス9つのブロック

ビジネスモデルキャンバスは以下の9つの要素をA4用紙一枚に分類し、ビジネスモデル全体を視覚化します。

顧客セグメント(CS - Customer Segment)

顧客は誰になるのか?、について記載します。

ペルソナ分析を行って顧客セグメントを考えるようにします。

価値提案(VP – Value Propositions)

何を顧客に提供できるのか?それは顧客にとってどのような価値があるのか?を記載します。

チャネル(CH – Channel)

顧客にどうやって価値を提供するか?、サービスの届け方を記載します。
たとえどんなに優れたサービスであっても、顧客へ認知してもらえなければそもそもサービスを利用してもらえません。営業や広告方法など、どのようなチャネルがあるかを考えます。

顧客との関係性(CR – Customer Relationships)

顧客とはどのような関係性にあるのか?
顧客との接点は何か?などについて考えます。

ビジネスモデルによりますが、顧客との接点は様々です。(対面、間接的、セルフサービスなど)それら接点を踏まえ、継続性についても考えます。(継続的な関係か?一時的な関係か?)

収益の流れ(RS – Revenue Streams)

提供した価値の見返りは何か?を記載します。

誰からいくらくらいお金をもらえるのか?など、マネタイズの方法はもちろん、収益化以外でも、見込み客や無料ユーザー、その他価値提供からくる見返り・メリットは何か?を記載します。

キーリソース(KR – Key Resources)

ビジネスモデルで、自社の主力となるリソース(資源)は何か?を記載します。経営からくる資源は主に、ヒト・モノ・カネ・情報になります。

どのようなスキルを持った従業員がいるのか、どのような設備があるのか、ビジネスの資金はいくらか、ビジネスを行う上で保有している有利な情報は何か、など、ビジネスモデルで重要となるリソースを特定します。

主要活動(KA – Key Activities)

ビジネスモデル実現のために、なにをしているのか?なにをしなければならないのか?主な活動内容を記載します。

事業内容、販促活動などについて主なものを記載します。

キーパートナー(KP – Key Partners)

ほとんどのビジネスが自社活動のみで行えるものではありません。

取引先、仕入先、小売先、委託業者、設備・資源提供者など、ビジネスを行う上で重要となるパートナーは誰か?について記載します。

コスト構造(CS – Cost Structure)

ビジネスを行う上で、どのようなコストが発生するのか?について記載します。

人件費、広告宣伝費、外注費、設備費用、などビジネスで必要となるコストを明確にします。

ビジネスモデルキャンバスの見方と事例

それではビジネスモデルキャンバスの見方について、事例と一緒に見ていきましょう。

ビジネスモデルキャンバスの見方

ビジネスモデルキャンバスは左側にあるものが、自社に近い要素、右側にあるものが顧客・市場に近い要素になります。

ビジネスモデル・キャンバス

ビジネスモデルキャンバスでは、それぞれの要素の位置に意味があり、隣接する要素と要素同士は密接な関係にあります。

ビジネスモデルキャンバスの例

例としてホルモン焼肉屋の事例をビジネスモデルキャンバスに当てはめてみたいと思います。

簡単な例ですが、実際にはいろいろ出てくるはずです。

ビジネスモデルキャンバスまとめ

ビジネスモデルキャンバスは、9つのブロックでビジネスの流れを視覚化することが目的です。

既存事業の分析・改善点の発見や、新規のビジネスの事業検討に役立ちます。

ビジネスモデルキャンバスを描くことで、そのビジネスには何が重要で、何が足りないのか、などをビジネスの一連の流れから把握することができます。

よければご参考にしてください。

 

SHARE !

TAG