HOME ブログ Webマーケティング フレームワーク 6W2Hとは?あらゆるビジネスの基本となるフレームワーク

6W2Hとは?あらゆるビジネスの基本となるフレームワーク

framework framework

6W2H

6W2Hをご存じでしょうか。6W2Hは、5W1Hの派生系となるなるビジネスフレームワークです。あらゆるビジネスの考え方の根本となるものなので、必ず覚えておきたいフレームワークの一つです。

もちろん、フレームワークとしては基礎的なものなので、6W2Hを表面だけをなぞるような使い方をしても意味がありません。6W2Hをベースに、その他の考え方に結びつけていく必要があります。

今回はそんな基本的な考え方となる6W2Hについて見て行きたいと思います。

6W2Hとは

6W2Hとは、
When(いつ)」
Where(どこで)」
Who(だれが)」
Whom(だれに)」
What(なにを)」
Why(なぜ)」
How(どうやって)」
How much(いくらで)」

といったものを抜け漏れなく整理・再確認するためのビジネスフレームワークです。

5W1Hは、「When(いつ)/ Where(どこで)/ Who(だれが)/ What(なにを)/ Why(なぜ)/ How(どうやって)」です。

6W2Hがよく使われる場面としては、マーケティングの世界はもちろん、ビジネス会話シーンなどでもよく使われます。(まあ、How muchなどはする必要がないかもしれませんが、、)

それでは詳しく見ていきましょう。

When(いつ)

いつ When

Whenはいつ提供するのか?について考えます。

製品の販売時期はいつか?何月になるのか?サービスの提供期間はどのくらいか?何時から開始で何時で終了なのか?キャンペーンの開始時期はいつなのか?キャンペーンは春夏秋冬で分類するのか?などを考えます。

Where(どこで)

どこで Where

Whereはどこで提供するのか?について考えます。

ここで考える「どこで」は地理的なものに限定するのではなく、ビジネス市場、ビジネスの商圏についても考えるようにします。

Who(だれが)

だれが Who

Whoは誰が提供するのか?について考えます。

誰がというのは主にマーケティング施策を実行する側の人間です。
Whoについて考えるときは、個人に限定するのではなく、組織全体か、部署・チームかなどを考えるようにします。

Whom(だれに)

だれに Whom

Whomでは誰に提供するのか?について考えます。

提供相手について考えます。ターゲットは誰か?担当者か?決裁者は誰か?どんな人物か?ペルソナ分析の人物像はどんな人物か?などを考えるようにします。

ペルソナ分析とは?ちゃんとできてる?普遍的なターゲティングの手法
ペルソナ分析とは?ちゃんとできてる?普遍的なターゲティングの手法
ペルソナ分析をご存じでしょうか。ターゲティング手法としてペルソナ分析を行っている企業も多いのではないでしょうか。Web制 ...

What(なにを)

なにを Who

Whatでは何を提供するのか?について考えます。

実際に顧客などに提供する商品・サービスになります。
商品やサービスを提供することで顧客が得られる価値・ベネフィットなども考えるようにするのが大切です。

Why(なぜ)

なぜ Why

Whyではなぜ提供するのか?について考えます。

なぜ顧客に商品・サービスを提供するのか?その目的はなにか?目指している目標はなにか?売上か?認知・ブランディングか?社会貢献か?顧客リストの獲得か?など、なぜ価値を提供するのかについて考えるようにします。

How(どうやって)

どうやって How

Howではどうやって提供するのか?について考えます。

商品やサービスをどうやって顧客に提供するのかについて考えます。

Webを使うのか?雑誌か?チラシやDMか?TVやYoutubeなどの動画か?広告を打つか。など販促・集客手法に関することを考えるうようにします。

いくらで(How much)

いくらで

How muchではいくらで提供するのか?について考えます。

商品やサービスをいくらで提供するのか、さらにはその資金や、経費、原価率はいくらか、利益はどのくらいになるかなども考えるようにします。

6W2Hまとめ

6W2Hまとめ
  • Whenはいつ提供するのか?について考える。
  • Whereはどこで提供するのか?について考える。
  • Whoは誰が提供するのか?について考える。
  • Whomでは誰に提供するのか?について考える。
  • Whatでは何を提供するのか?について考える。
  • Whyではなぜ提供するのか?について考える。
  • Howではどうやって提供するのか?について考える。
  • How muchではいくらで提供するのか?について考える。
    SHARE !

    TAG