HOME ブログ アプリケーション ビジネスツール 【G Suite】Chromeの拡張機能を管理する方法

【G Suite】Chromeの拡張機能を管理する方法

business-tools business-tools

G Suite 拡張機能の導入

G Sutiteで管理しているGoogle Chromeについてですが、拡張機能についても一斉に管理することができます。

企業・チームによっては、便利な拡張機能はデフォルトでブラウザに追加しておきたいでしょうし、反対に許可したくない拡張機能などもある場合があります。

今回はG Suite管理のGoogleChromeでの拡張機能管理方法についてPC操作でのやり方を解説していきたいと思います。

Google Chromeの拡張機能

解説は不要かもしれませんが、インターネットブラウザのGoogleChromeには拡張機能を追加してブラウザをカスタマイズすることができます。

とても便利な拡張機能ですが、それら拡張機能はGoogle製のもの以外でも、サードパーティー製のものがとても多くあります。

これら拡張機能ではできることが多いため、G Suiteのような管理ツールを使っている場合、拡張機能についてもユーザーごとに許可制にして管理する必要があります。

G Suite管理のGoogleChromeに一斉に拡張機能を配布・管理する手順

それでは拡張機能の配布方法について見ていきましょう。

管理者権限を持つユーザーで管理コンソールにログインする

まずは管理者権限を持つユーザーで G Suiteの管理コンソールにログインします。

G Suite 管理コンソール

管理デバイス画面を開く

デバイス」を開きます。

Gsutie

Chromeの管理画面を開く

左にあるサイドバーの「Chrome管理」を開きます。

Gsuite

アプリと拡張機能を開く

Chrome管理画面を開いたら、「アプリと拡張機能」を開きます。

追加したい拡張機能を検索する

アプリ・拡張機能の画面が開きます。既に管理対象としている拡張機能がある場合はこちらに表示されます。

右下に表示されている「+」アイコンにマウスカーソルを乗せると、上記のようにさらにアイコンが表示されます。上記から任意の方法を選択して拡張機能を追加します。

試しに、Googleハングアウトの拡張機能を入れてみます。

拡張機能を選択すると、その拡張機能について権限や管理設定を行うことができます。

上記箇所を開くと、自動インストール、インストールを許可、ブロックなどが表示されます。

自動インストールを選択した場合、管理デバイスのChromeに自動でインストールされます。通常インストールはユーザーごと手動で行います。

ブロックについてはその拡張機能の追加をユーザーごとに禁止します。

任意のものを選択したら、「保存」を押して完了です。

以上で完了です。よければご参考にしてください。

SHARE !

TAG