HOME ブログ Webマーケティング Web広告 CPCとは?その意味と計算方法について解説!【Web広告用語】

CPCとは?その意味と計算方法について解説!【Web広告用語】

web-advertising web-advertising

CPCとは?Web広告用語

CPCとは何か?その意味をご存知でしょうか?Webマーケティングでよく聞くこの言葉ですが、今回はそんなCPCの意味や計算方法、CPMとの違いや、CPCの費用の抑え方などに注目して解説していきたいと思います。

CPCとは?

CPCとは、Cost Per Clickの略で、Web広告で広告1クリックにかかる費用のことを言います。

主に広告を掲載した後の効果測定時に用いる指標になります。

クリック単価とも言います。

リスティング広告をはじめ、クリック単価が先に設定されている広告をクリック課金型広告・PPC広告もしくはクリック保証型広告と言います。

CPCの計算方法

CPCの計算式は以下になります。

CPCの計算方法

CPC(円)=広告掲載費用÷クリック数

たとえば、広告費50万円のバナー広告を出稿して、5万回広告がクリックされた場合、CPCは10円になります。

500,000÷50,000=10円

CPCはなるべく安くしたいが…

広告出稿主の誰もが「なるべくCPCを安くしたい」と思われると思います。もちろん選び方で安くできますが、ただ安ければ良いというのは危険です。

CPCが安い広告には理由がある

CPCの安い広告には以下のような理由があったりします。

  • 誤った無駄なクリックが多い場合
  • クリックすることでインセンティブがある場合
  • 他に競合他社がいない場合

誤った無駄なクリックが多い場合とは?

広告の中には、誤って広告をクリックしてしまうケースというのが多いです。たとえばスマホなどに表示される広告がよくある例です。

その広告に全く興味がないのに、スマホでWebサイトを閲覧している時に、ずっとくっついて表示されるバナー広告を操作ミスでタップしてしまう、というのはよくあるケースです。

もちろん無駄クリックも多いですが、目立ちますので一長一短であったりします。

クリックすることでインセンティブがある場合とは?

一度は見たことあるかと思いますが、「こちらのバナークリックであなたに○○ポイント差しあげます!」みたいな広告です。

ポイントなどを餌にしてクリックを誘う形の広告は、ただのインセンティブ(ポイント)目当てのユーザーが多くなりがちで、本来集客したいユーザーを集めることができないとも言えます。

他に競合他社がいない場合とは?

基本、クリック課金型広告は「入札制」です。

一番高い金額で入札した人に広告枠が提供されます。
つまり、CPCが安い場合で、単純に競合がいない、というブルーオーシャンの場合があります。

CPCの費用を抑える方法は

CPCを抑える方法としては、前述のとおり、競合他社が少ない広告枠で出稿するという方法になります。

競合性が低いキーワード・メディアでを選ぶ

競合が低いキーワードを入念に選定したり、まだあまり注目されていないが、これから伸びてくるであろうメディアを選んで出稿します。

当然ですが、あまりにも検索ボリュームが無いキーワードや、注目されていないが、これから伸びる気配もないメディアでは駄目なのでしっかりと調べる必要があります。

CPCとCPMの違い

CPMについては以下をご覧ください。

CPMとは?その意味と計算方法について解説【Web広告用語】
CPMとは?その意味と計算方法について解説【Web広告用語】
Web広告で知らないといけない言葉に「CPM」があります。CPMの意味についてはご存知でしょうか。似たような言葉が多くて ...

それぞれの違いについて再確認しておきましょう。

CPC クリック単価(広告1クリック)

CPM = インプレッション単価(広告1,000回表示)

単純に言えば、クリックかインプレッションかで課金発生が異なります。
それぞれメリット・デメリットあるので特性をちゃんと理解しましょう。

CPCのまとめ

如何でしょうか。CPCは広告1クリックあたりにかかる費用ということを理解し、ただ安いものが良いというのではなく、必要なコストと得られる効果の両方を考え、適切な戦略を練ることが重要となります。

よければご参考にしてください。

SHARE !

TAG