HOME ブログ Webマーケティング Web広告 アシストコンバージョンとは何?直接コンバージョンとの違いを解説

アシストコンバージョンとは何?直接コンバージョンとの違いを解説

web-advertising web-advertising

アシストコンバージョンという言葉をご存知でしょうか?今回はGoogleアナリティクスのアシストコンバージョンについてその意味や、直接コンバージョンとの違いについて見ていきたいと思います。

アシストコンバージョンとは?

アシストコンバージョンとは、ユーザーがWeb広告からサイトに到達するも、一旦は離脱し、後に別の流入からコンバージョンに至った時に、前の広告の貢献度を評価する指標になります。

なんかややこしいですね。

簡単に言えば、コンバージョンはしなかったものの、後のコンバージョンに貢献しただろう広告の評価を表す指標のことになります。

アシストコンバージョン説明例の図

最初の広告ではコンバージョンには至らなかったにしても、再度訪問してコンバージョンに至ったのは、最初の広告の貢献もあります。

その貢献度を測る指標がアシストコンバージョンになります。

再訪問する経緯については様々なものが想定されます。

たとえば、一度広告主のサイトを訪れたが、商品が高額だったため、検討のためにURLをブックマークしておき、いろいろ調べた後に、購入をする、といったことも多く発生します。

高額商材の場合は、アシストコンバージョンが重要な指標となる

上記の例のように、高額商材の場合は、ユーザーがサイトにアクセスしてそのまま購入に至る、といったケースは少なかったりします。

なぜならユーザーも一度は価格や内容を見て、他の製品などと比較検討をしたいからですね。

車などでも、購入店に行ってそのまま即決する人が少ないように、まずは検討する、というプロセスを踏む人がほとんどです。

似たような言葉にビュースルーコンバージョンというものがありますが、こちらもアシストコンバージョンと似たイメージで、コンバージョンに至る前の広告の間接的効果を表す指標となっています。

ビュースルーコンバージョンとは?確認方法・計測方法について解説
ビュースルーコンバージョンとは?確認方法・計測方法について解説
ビュースルーコンバージョンについてしっかりとその意味を理解しているでしょうか。今回はビュースルーコンバージョンの意味と、 ...

Googleアナリティクスでのアシストコンバージョンの見方

Googleアナリティクスでのアシストコンバージョンの見方は、以下のステップで見ることができます。

サイドバーの「コンバージョン」→「マルチチャンネル」→「アシストコンバージョン」

直接コンバージョンとは何が違うの?

直接コンバージョンとは、コンバージョンに直結する直前の広告の評価指標のことを言います。アシストコンバージョンは、直前より前のコンバージョンに至るまでにアシストした広告を評価する指標となります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

SHARE !

TAG