HOME ブログ Webマーケティング Web広告 アドエクスチェンジとは?その意味や仕組みについて解説

アドエクスチェンジとは?その意味や仕組みについて解説

web-advertising web-advertising

アドエクスチェンジとは何かご存知でしょうか?アドエクスチェンジは、広告枠についての用語となります。今回はそのアドエクスチェンジとは何か、その意味や仕組みと、DSP、SSPの役割について解説していきたいと思います。

アドエクスチェンジとは?

アドエクスチェンジとは、広告枠を1インプレッション単位で売買する広告取引市場のことになります。

アドネットワークの導入が進むことで、広告主と各媒体側でいろいろ新しいニーズが生まれてきます。

広告主側は広告の獲得効率を重視して、効果の高い広告枠だけに自分の広告を出稿したいと考えます。
各媒体・メディア側は、複数の広告枠在庫を一元管理して売買したいといったことを考えます。
そこでアドエクスチェンジが登場しました。

つまりアドエクスチェンジは、アドネットワークの進化系となります。

アドネットワークとは何か?仕組みや特徴について解説【Web広告用語】
アドネットワークとは何か?仕組みや特徴について解説【Web広告用語】
アドネットワークについてその意味や仕組みをご存知でしょうか? 今回はWeb広告用語となるアドネットワークについて、その意 ...

広告主側の需要と媒体側の供給のバランスを見て、インプレッション単位で広告枠がオークション形式で売買されます。

主要なアドエクスチェンジサービス

主要なサービスとしては、Googleの「Google Ad Manager(旧:DoubleClick)」や、サイバー・コミュニケーションズの「OpenX Market Japan」などがあります。

DSP/SSPの役割

DSP、SSPとは?という人は以下をご覧ください。

DSP、SSP、DMP、CDP、なんのこっちゃという人に解説
DSP、SSP、DMP、CDP、なんのこっちゃという人に解説
DSP、SSP、DMP、CDP、、Web広告用語にはこのような略語がたくさんあって混乱・混同してしまう方もいるかと思いま ...

アドネットワークや、アドエクスチェンジが増えるにつれて、広告主・媒体も運用管理が大変になりました。そのため、複数のアドネットワークやアドエクスチェンジを統合管理するために、広告主側に「DSP(Demand Side Platform)」、メディア・媒体側に「SSP(Supply Side Platform)」という仕組みが誕生しました。

DSPとSSPを介した広告配信は以下のような流れで行われます。

  1. 広告主が、DSPに入札金額、広告クリエイティブなどを登録
  2. メディア・媒体側が、SSPに自社の広告枠と、その最低入札額などを登録
  3. 媒体側が管理するWebサイトにユーザーがアクセスし広告枠が表示されると、その広告枠の情報がSSPやアドエクスチェンジに送られる
  4. SSPやアドエクスチェンジは、DSPに登録された広告の中で、最も入札金額が高いものを広告枠に表示する
SHARE !

TAG