HOME ブログ Webマーケティング Web広告 CTRとは?意味と改善方法の例について解説!【Web広告用語】

CTRとは?意味と改善方法の例について解説!【Web広告用語】

web-advertising web-advertising

CTRとは?Web広告用語

CTRをご存知でしょうか?同じような言葉でCPMやCPCなどといった言葉がありますが、今回はCTRの言葉の意味と、CTRの計算方法・改善方法について解説していきたいと思います。正しく理解してWebマーケティングへの理解を深めましょう。

CTRとは?

CTRとは、クリック率のことを言います。クリックスルー率とも言われます。

検索結果やWeb広告の表示された回数(インプレッション数)のうち、どれだけクリックされたかの回数(クリック数)の割合になります。

CTRの計算方法

CTRの計算式は以下になります。

CTRの計算方法

CTR(%)=(広告がクリックされた回数÷広告が表示された回数)×100

例えば、広告が表示された回数が3000だったとして、クリック数が30だった場合、CTRは1%になります。

CTRが高いほど、良い広告と言える

CTRを調べることで、どれほど広告がクリックされているかをしることができます。つまりクリック率(CTR)が高いほどそれは良い広告だと言えます。

CTRの改善方法

クリック率が低いと利益に結びつきません。CTRの改善方法について見ていきましょう。

検索でのCTRを上げるには?

自然検索(オーガニック検索)でのクリック率を上げるには、基本的にはSEO対策を行い表示順位を上げる必要があります。当然ではありますが、上位表示されているものほどCTRは高くなります。

キーワードを見直す

まずはキーワードが最適なものになっているか確認しましょう。

キーワードは重要ではありますが、たくさん入れれば良いというものでもありません。あくまでユーザーの求めている情報を与えるといった事を考え、適切なキーワードを適切な量だけ入れることが大切になります。

タイトル・説明文を改善する

titleや説明文を改善するようにしましょう。不自然にタイトルにキーワードを入れる必要はありませんが、文字数は大切です。他の人のサイトと同じタイトルにならないように気をつけましょう。

説明文では検索キーワードが太字になって強調表示されたりします。説明文には適切なキーワードを含むことが望ましいです。こちらも文字数は最適化させましょう。短すぎたりすればどのようなページがわからず、長過ぎれば文章が途中で途切れてしまいます。

あくまでこのサイトを見たい!と思ってもらうことが大切です。

CTRのまとめ

クリック率の計測は広告や検索結果の改善に欠かせません。良質な成果を生み出すためにもCTRを計測して改善を行っていきましょう。

SHARE !

TAG