HOME ブログ アプリケーション ビジネスツール 【G Suite】独自ドメインのメールアドレスを利用・移行する方法

【G Suite】独自ドメインのメールアドレスを利用・移行する方法

business-tools business-tools

独自ドメインのメールアドレスの利用

今回はG Suiteで独自ドメインのメールアドレスを利用する方法について解説していきたいと思います。

独自ドメインのメールアドレス自体をGmailで利用することは普通にできます。

ですが、G Suiteで独自ドメインのメールアドレスを設定・利用することで、G Suiteでユーザーごとのメールを一括管理することができます。

企業やチームによっては、メールの管理は大きな課題であり、G Suiteの機能を使えることは大きなメリットになる場合があります。

そもそも独自ドメインのメールアドレスとは?

独自ドメインというのは、このサイト言えばURLの「jajaaan.co.jp」の部分になります。

この独自ドメインを用いて、「○○○@jajaaan.co.jp」などといったメールアドレスを作成します。これを独自ドメインのメールアドレスと言います。

独自ドメインのメールアドレスを利用するメリット

独自ドメインでメールアドレスを利用することで、会社やお店の信用度が上がります。(ちゃんとした企業・お店は独自ドメインのメールアドレスを使用していることがほとんどのため)

また、一般的な通信業者のドメインを使用していると、サイバー攻撃の標的になったり、メーラーの設定でブロックされてしまうなど、デメリットが多々あります。

ここでは独自ドメインの取得やメールアドレスの作成方法は割愛します。

G Suiteで独自ドメインのメールアドレスを利用する方法

ここからは、以下を前提に解説していきます。

  • 既に独自ドメインがある
  • G Suiteのアカウントがあり、支払い設定が済んでいる
  • ドメインの所有権の確認が済んでいる

ドメインの所有権の確認方法については以下をご参考ください。

【G Suite(Google)】簡単!ドメインの所有権確認方法
【G Suite(Google)】簡単!ドメインの所有権確認方法
G Suiteに限った話しではありませんが、Googleでのドメインの所有権確認方法について解説していきます。 Goog ...

ユーザー・グループごとにメールアドレスを設定する

G Suiteが一般のメールサービスと大きく異なる点として、
1アカウント = 1メールアドレス
という特徴があります。

つまり、一人のユーザーにつき、所持できるメールアドレスは一つのみという点です。

一般のメールサービスやレンタルサーバーでは、メールアドレスは無制限にいくつも作成できます。それらは好きにユーザーが利用できます。

ただし、G Suiteはユーザー単位で料金が発生します。

例:

田中 = tanaka@example.com = 1アカウント = 〇〇円

佐藤 = sato@example.com = 1アカウント = 〇〇円

といった形です。

そのため、1アカウントごとに1メールアドレスを紐付ける方法だと、やり方によっては割高になってしまいます。

ですが、ユーザーに紐付かないメールアドレスもたくさんありますよね。

たとえばお問い合わせやサポート専用の

support@example.com

などといったメールアドレスです。

G Suiteで「ユーザー扱い」をするメリットがある場合は別ですが、メールにしか使わない場合、こういったアドレスを作るために一つひとつG Suiteユーザーを作成していると割高になってしまいます。

そのため、それらのメールアドレスは「エイリアス」として作成します。

エイリアスのメールアドレスの作成

Gmailのエイリアスのアドレスと同じです。

Gmailでのエイリアスの作成方法は以下をご参考ください。G SuiteのGmailも同じです。

【Gmail】 便利!複数のアドレスを利用できるエイリアスとは?
【Gmail】 便利!複数のアドレスを利用できるエイリアスとは?
Gmail以外にもありますが、エイリアスという便利な機能をご存じでしょうか。 エイリアスとは、「別名」という意味になりま ...

G-Suite エイリアス

エイリアスのメールアドレスはいくつでも持つことができます。

ただし、エイリアスのメールアドレスは個人アドレスとしては使えません

エイリアスのメールアドレスは関連付けられているユーザーすべてが利用することができるので、事前にどのメールアドレスを誰に関連付けるかを検討しておきましょう。

G SuiteのMXレコードを設定する

すべてのアドレスの設定が完了したらドメインのDNS設定を行っていきます。

DNS設定はドメイン管理先で行います。
たとえばドメインをお名前.comで取得・管理していた場合は、お名前.comで作業を行います。

参考:お名前.comDNS設定変更

※必ず知識がある方が作業するようにしましょう。

以下のMXレコードを設定します。
ドメインホストによっては、値の末尾にピリオドをつける必要があります。

例:ASPMX.L.GOOGLE.COM.

名前・ホストTTLレコードタイプ優先度内容/値
空白または @3600MX1ASPMX.L.GOOGLE.COM
空白または @3600MX5ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM
空白または @3600MX5ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM
空白または @3600MX10ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM
空白または @3600MX10ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM

参考:G Suite の MX レコードの値 – G Suite 管理者 ヘルプ

既存のメールを受信していたMXレコードがある場合は、削除、もしくは優先度をG SuiteのMXレコードより下げてください。
(優先度の数値が低いほど、優先度は高いです。)

設定を間違えるとメールが受信できず、変更してもTTLで設定した時間がすぎるまで変更が反映されません。設定が正しければ早くて数時間後には新しいG Suite側でメールを受信できるようになります。

ちなみにTTLの3600とは、3600秒、すなわち一時間になります。

コマンドでMXレコードが適用されたか確認する

わざわざ確認の必要もありませんが、DNSの変更は設定・反映に時間がかかります。

また変更・修正した場合TTLの時間がすぎるまで変更が反映されないため、ちゃんと適用されているのか確認したくなりますよね。

そういった場合はnslookupコマンドを使うことで、ドメインのMXレコードがG SuiteのMXレコードになっているか確認することができます。

過去メールの移行方法

過去メールはどのようにすればよいのでしょうか。

G Suiteにメールを移行する場合、メールはG Suiteユーザーのストレージに保存されていきます。ストレージ容量はG Suiteのプランにより異なるので、まずは現在のメールの使用容量を確認しましょう。

ストレージ容量はあとから追加購入することも可能です。

参考:ドライブ ストレージの追加オプション – G Suite 管理者 ヘルプ

移行後でもIMAPを設定することで、元のメールクライアントでメールは行えるので、無理してGmail側に過去メールを移行する必要もありません。

管理コンソールから「データの移行」を開く

G Suite側でデータを移行する方法について解説していきます。

参考:データ移行サービスを使用してメールを G Suite に移行する – G Suite 管理者 ヘルプ

※データ移行サービスで移行できる環境かどうかは、事前に確認しておいてください。

まずは管理コンソールにログインし、「データの移行」を開きます。

管理コンソール

「データの移行を設定」を押します。

データ移行の設定

移行元の接続設定を行います。

開始を押すことでデータの移行が始まります。

上記でうまくいけば完了です。うまく行かない場合、エラー表示となりエラーコードが表示されます。

エラーコードをみることで、何が原因なのかを特定することができます。

データ移行サービスが使えない場合

上記のデータ移行サービスが使えない場合、Gmail側の設定を「IMAP」に変更します。IMAPに変更することで、元のメールクライアントでもメールを利用することができます。

後は移行したい場合、元のメールクライアントで移行作業を行えば大丈夫です。

独自ドメインをG Suiteで使用する方法まとめ

独自ドメインをG Suiteで管理することで様々なメリットがあります。

もちろんユーザー1人ひとりに料金が発生してしまうため、普通のメールサービスと比較すると割高に感じてしまうかもしれません。

ですが、G Suiteはメーラーとしての機能だけというわけでは当然ないので、様々な機能を利用することができます。

よければご参考にしてください。

SHARE !

TAG