HOME ブログ Webマーケティング Web広告 CPAとは?意味と理解について解説!【Web広告用語】

CPAとは?意味と理解について解説!【Web広告用語】

web-advertising web-advertising

CPAとは?Web広告用語

CPMとはなにかご存知でしょうか?CPAは広告運用においてとても重要な指標のひとつです、今回はそのCPAの意味と重要性、さらに注意点について見ていきたいと思います。

CPAとは?

CPAとは、Cost Per Action/Cost Per Acquisitionの略で、コンバージョン1件を獲得するにあたりかかったコストのことを言います。

コンバージョンは、商品購入やサービス申込み、会員登録などの成果に結びつくものを言います。

CPAの計算方法

CPAの計算式は以下になります。

CPAの計算方法

CPA(円)=広告掲載費用÷コンバージョン数

CPAは施策にかかった費用と、その得られた成果の件数を割ることで算出することができます。

例えば、500件のコンバージョンを達成するのにかかった広告の費用が10万円だった場合、CPAは200円となります。

CPAが高くなると利益が減り、CPAが低いと利益が増える

CPAが高くなっていた場合、単純に一件のCVを獲得するためのコストが上がっていると言えます。逆にCPAが低いと得られる利益も増えます。

つまり、CPAを見ることで各施策の費用対効果がわかります。

例として以下を見てみましょう。

施策A施策B
広告費用400,000円600,000円
クリック数50,00075,000
コンバージョン数500件600件

上記例の場合、どちらの施策もCPC(クリック単価)は8円です。

両施策ともCPAを計算してみると、

施策A=CPA:800円
施策B=CPA:1,000円

となり、より効率的に成果を結び付くクリックを得られれているのは、施策Aのほうだと言えます。

このようにより低コストで、より成果を得られる施策を決める上では、CPAは非常に重要な指標となります。

ぜひご参考にしてみてください。

 

 

SHARE !

TAG